STYLY 開発者ブログ -STYLY Developer's Blog-

UnityのC#でまとめてGameobjectのShader変更・コライダー追加

下位Gameobjectも含めてシェーダーを変更

下位Gameobjectも含めてMeshがあればMesh Collidarを追加

呼び出しサンプル

  1. プロジェクト内のobjファイルを読み込む
  2. シェーダーをUnlitに変更する
  3. メッシュコライダーを追加する(ConvexオプションON)
  4. Prefabに保存する

 

 

 

カテゴリー: Unity

ノンコーディングでVIVEコントローラーの利用(Playmaker)

Playmakerはヴィジュアルスクルプティングを用いてコードを書かずにUnityで開発を行うことができる便利なアセットです。Playmakerに対応しているアセットも多く公開されていて、多種多様なことがノンコーディングで実現できるようになってきています。

今回は、HTC VIVE用のコントローラーをPlaymakerから利用できるアセットと、使い勝手を良くするための方法をメモしておきます。

下記3つのアセットをインポートします。

Playmaker (有料)
Editor Extensions/Visual Scripting

Playmaker Editor Extensions/Visual Scripting Hutong Games LLC

SteamVR Plugin (無料)
Scripting

SteamVR Plugin

Steam VR Playmaker – Toolkit (有料)
Editor Extensions/Game Toolkits

Steam VR Playmaker - Toolkit

これで、SteamVRの機能がPlaymakerから利用できるようになります。

公式ドキュメントはこちら

ドキュメントを読んで実装するとこんな感じになります。
vive4

待受するステートが必要になるため使い勝手が良くありません。待ち受けるイベントの種類事に全部記述する必要がある。

 

そこでPlaymakerのGlobal Transition機能を利用してどこからでもトリガーやボタンのイベントを拾えるようにします。(この投稿最後でダウンロード可能)

Global Eventの登録

vive6

各ボタンが押された時にGlobal Eventを発火するように設定

vive5

vive7

これで準備完了

では、イベントが起こった際の動作を記述してみましょう。
FSM上に新しいStateを作成し、Add Global Transitionから登録したVIVE用のグローバルイベントを選択します。

vive8

こんな形で、メインのStateの遷移とは別に、コントローラーのイベントを起点に処理を走らせることができるので、処理の流れも記述もわかりやすくなりました。

vive9

 

FSMダウンロード

グローバルイベントを登録したFSMはこちらからダウンロードしてください。
利用するには上記でかいた有料のものを含む3つのアセットを予めインポートしておく必要があります。

 

カテゴリー: HTC VIVE, Unity

伊勢丹彩り祭2016にてSTYLY VRショッピングを体験

未来解放区万博 〜デザインとテクノロジーは、私たちの未来を変える!?〜

8月24日[水]〜9月13日[火]
□新宿店本館2階=センターパーク/TOKYO解放区

HATRA、BALMUNG、chlomaの3ブランドの世界の中に入りこみ、実在する服をバーチャルの世界で楽しみながら買うことができる〈STYLY(スタイリー)〉のVRショッピング体験を実施。実際の洋服を高精細3Dスキャンしているので、生地の質感やディテイルなど細部まで確認でき、あたかも洋服が目の前にあるかのように感じることができます。あわせて、若手クリエーターが中心となって「デジタル」をモノとコトの両方から提案。デジタルコラージュが特徴の〈バルムング〉や、ロボティクスファッションクリエーター きゅんくんが制作したウェアラブルロボット〈メカフクリオネ〉は、その中でも特別な存在感を放ちます。

 

掲載記事

〈STYLY〉で近未来のバーチャルショッピングを体験!(ISETAN GUIDE)

ファッション×テクノロジーの新たなライフスタイルを提案!(ISETAN SHIN JUKUブログ)

三越伊勢丹、AI利き酒やVRなどテクノロジーを活用した販売サービスをさらに強化(IoT News)

「2016彩り祭」新宿伊勢丹AR・VR技術で接客拡大に挑戦(ARの件)

三越伊勢丹がテクノロジーでファッションを提案、最新デジタルアイテムやVRショッピングも(Fashion Snap)

 

カテゴリー: HTC VIVE, Unity

Gameobjectのテクスチャをアスペクト比正しく貼り付ける

Unityで貼り付ける元画像の縦横比と、貼り付け先の縦横比が違った場合、引き伸ばされて画像が表示されてしまいます。

下記のように、アスペクト比が異なる場合は、画像がいっぱいに表示されるように調整して貼り付けます。

NekoImage

 

 

 

カテゴリー: Unity

Unityからc#でAmazon Web ServiceのS3ストレージにアップロードするメモ

Unity5.3からAWSのS3ストレージへファイルをアップロードするメモです。

キーポイント

  • AWSが用意しているAWS Mobile SDK for Unityを利用する
  • S3への認証はCognito Identityを用いる

参考リンク

手順

S3バケットの作成

任意の名前でS3バケットを生成しておきます。Regionはどこでも構いません。今回はTokyoリージョンにtest-bucket-unityとバケット名で作成しました。

s3-1

以下のポリシーは、test-bucket-unity バケット内のすべてのファイルを表示できるアクセス許可をすべての閲覧者に付与します。このポリシーをコピーし、[Bucket Policy Editor] に貼り付けます。

 

Permissionの追加でAny Authenticated AWS UserにListとUpload/Delete権限を付与します。

aws

Identify Pool Idの取得

AWSログイン後、Amazon Cognito管理ページに移動します。 Cogniteは2016年6月現在US-EASTリージョンでしか提供されていません。

s3-2

Manage Federated Identitiesに進みます。

s3-3

Identify pool nameを名づけて、Enable access to unauthenticated identitiesをチェックしてCreate PoolをクリックしてIdentify Poolを作成します。

s3-4

アクセス権限設定のためのIAMロールを新規に作成します。特に規定の値から何も変更せずに「許可」をクリックします。

次に進むと、UnityからAWSへCognito Identify pool IDを用いたアクセスコードのサンプルが表示されます。

s3-5

IAMロール変更(S3アクセス権限付与)

次に作成したIdentify poolでS3へアクセスできるようにしておきましょう。IAMコンソールに移動して、ロールを見ると先ほど生成したIAMロール(今回の場合Cognito_test_pool_nameAuth_Role)がありますので設定を変更します。

s3-6

S3へのフルアクセスポリシーをアタッチします。

s3-7

これで、S3へのアクセス権限は完了。

Unity上でAWS利用

What is the AWS Mobile SDK for Unity? ページからAWS Mobile SDK for Unityをダウンロードします。

解凍したフォルダから下記2つのパッケージをインポートします。

  • AWSSDK.S3.3.1.7.2.unitypackage
  • AWSSDK.IdentityManagement.3.1.4.3.unitypackage

S3ExampleデモシーンでS3にアクセスできることを確認しましょう。

s3-8

S3にファイルをアップロードするクラスを作ったのでシェアしておきます。

利用するには下記のようにする

メモ

Exception: Main thread has not been set, is the AWSPrefab on the scene?エラーは
UnityInitializer.AttachToGameObject(this.gameObject);
で対処

Editorモードでは動かない?。。。。->動かないようです。。

 

追記(2016/09/04)

エディタモードでは上記方法でS3へのアップロードができないのでc#でコマンドライン上で動くコンソールアプリを開発しUnityから呼び出すことにした。コンソールアプリでは若干実装の方法が異なる
https://github.com/from2001/S3Uploader

1, Visual Studioでコンソールアプリケーションプロジェクトを作成

2,必要ライブラリをNugetでインストール

3,s3upload.cs(コンソールアプリ用)を作成

4,呼び出し方は同じ

S3アップロード用のコマンドラインツールはこちらにアップしました。
S3Uploader

 

カテゴリー: Unity

HOME / Coporate Site/ Careers

© Copyright 2018 STYLY..