開発入門 > Unity > HTC VIVE > ノンコーディングでVIVEコントローラーの利用(Playmaker)

ノンコーディングでVIVEコントローラーの利用(Playmaker)

Playmakerはヴィジュアルスクルプティングを用いてコードを書かずにUnityで開発を行うことができる便利なアセットです。Playmakerに対応しているアセットも多く公開されていて、多種多様なことがノンコーディングで実現できるようになってきています。

今回は、HTC VIVE用のコントローラーをPlaymakerから利用できるアセットと、使い勝手を良くするための方法をメモしておきます。

下記3つのアセットをインポートします。

Playmaker (有料)
Editor Extensions/Visual Scripting

Playmaker Editor Extensions/Visual Scripting Hutong Games LLC

SteamVR Plugin (無料)
Scripting

SteamVR Plugin

Steam VR Playmaker – Toolkit (有料)
Editor Extensions/Game Toolkits

Steam VR Playmaker - Toolkit

これで、SteamVRの機能がPlaymakerから利用できるようになります。

公式ドキュメントはこちら

ドキュメントを読んで実装するとこんな感じになります。
vive4

待受するステートが必要になるため使い勝手が良くありません。待ち受けるイベントの種類事に全部記述する必要がある。

 

そこでPlaymakerのGlobal Transition機能を利用してどこからでもトリガーやボタンのイベントを拾えるようにします。(この投稿最後でダウンロード可能)

Global Eventの登録

vive6

各ボタンが押された時にGlobal Eventを発火するように設定

vive5

vive7

これで準備完了

では、イベントが起こった際の動作を記述してみましょう。
FSM上に新しいStateを作成し、Add Global Transitionから登録したVIVE用のグローバルイベントを選択します。

vive8

こんな形で、メインのStateの遷移とは別に、コントローラーのイベントを起点に処理を走らせることができるので、処理の流れも記述もわかりやすくなりました。

vive9

 

FSMダウンロード

グローバルイベントを登録したFSMはこちらからダウンロードしてください。
利用するには上記でかいた有料のものを含む3つのアセットを予めインポートしておく必要があります。

 

カテゴリー: HTC VIVE, Unity

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。