開発入門 > Unity > Kinect v2でユニティちゃんを動かす(Kinect v2withMS-SDKアセット)

Kinect v2でユニティちゃんを動かす(Kinect v2withMS-SDKアセット)

追記:2014/11/2 プラグインのバージョンアップによりこの記事の内容は必要なくなりました。

[続]Kinect v2でユニティちゃんを動かす(Kinect v2withMS-SDKアセット)を参照ください。

 

UnityでKinectをつかいアバターを簡単に動作させることができるアセット「Kinect v2withMS-SDK」がついに再公開されました。(一時諸事情により公開を取り下げていたようです)

このアセットを使ってUnity-chanを動かしてみましょう。

Kinect v2 with MS-SDK

Asset StoreからKinect v2withMS-SDKをインポートします。
インポートが完了したら「Assets」-「AvatarsDemo」内のKinectAvatarsDemoシーンを開きます。

Kinect-sdk2

まずは実行してみます。

Kinect-sdk3

左から、画面奥を向いたアバター、スケルトン、画面手前を向いたアバター
そして右下に、加工済みカメラキャプチャ映像
が表示されます。

体を動かすとアバターが同じように動作します。Kinectによる関節キャプチャが乱れても、アバターの動作はスムーズになるように動きを補完してくれています。(他のライブラリでは、手が一気に違う場所に移動したりして不自然だった)

 

では、ここで動かしたいユニティちゃんをアセットストアからインポートします。
「Assets」-「UnityChan」-「Models」内のunitychanをシーンに追加します。

Kinect-sdk4

初期状態では画面奥を向いているので、Rotationを変更してこちらを向いてもらいましょう。

Kinect-sdk5

Unity-chanに「Assets」-「KinectScripts」内のAvatarControllerスクリプトをアタッチします。

Kinect-sdk7

AvatarControllerの関節とユニティちゃんの関節の関連付けを行います。(関節の関連付けもっと良い対応付けがあったら教えてください)

Kinect-sdk8

実行するとみんな仲良くダンスできます。

Kinect-sdk6

 

カテゴリー: Unity タグ: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。