開発入門 > Unity > Oculus > UnityでGear VR用パススルーカメラアプリの作り方

UnityでGear VR用パススルーカメラアプリの作り方

Gear VRのPass Through Camera機能はとても良く出来ていて感動しました。これがあればARアプリの開発も簡単になりそうです。

UnityでGear VRのパススルーカメラ機能の実装方法をテストしてみましたので公開いたします。実装方法はとても簡単です。Oculusカメラの目の前に常にGalaxyで撮影したカメラ画像を表示する形で実装します。

新しくPassThroughCamera.csスクリプトを用意して下記のコードを書きます。
Gear VRのカメラも通常のウェブカメラと扱いは同じです。

カメラが書くやFPSはあまり高くするとカクつくので
1280×720ピクセル、25FPSで設定しましょう。

続いてOculus Mobile SDK をダウンロードしてインポートします。

シーンにOVRCameraRigを追加したら、CenterEyeAnchorの子オブジェクトとしてPlaneを作成します。
Planeの設定はアスペクト比をカメラに合わせて16:9に。PositionやRotationを設定します。(設置場所などは微調整が必要かも)

そして先ほど作成したPassThroughCamera.csをアタッチします。

PassThrough01

ウェブカメラの付いているPCで実行すると、こんなかんじで表示されるはずです。

PassThrough02

こちらを参考にAndroid実機に転送します。

PassThrough03

そして、現実世界にUnityちゃんを召喚すると楽しくなります。

PassThrough04

 

 

 

カテゴリー: Oculus, Unity

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。