開発入門 > Unity > Visual iTween Path Editorで視点もポジションも自由に移動するカメラワーク

Visual iTween Path Editorで視点もポジションも自由に移動するカメラワーク

from2001vrです。

iTweenを使うと、オブジェクトを簡単に自由に移動させることが可能です。そのiTweenの移動Pathを画面を見ながらヴィジュアル作成できるエディタの使い方です。Unityで自由自在にカメラを動かしたり、オブジェクトを移動させることができます。

まず、iTweenとVISUAL ITWEEN PATH EDITORアセットをプロジェクトに追加します。VISUAL ITWEEN PATH EDITORはアセットストアでは公開していないので、ウェブサイトからPackageファイルをダウンロードしプロジェクトに追加します。

iTween1

どのオブジェクトでもいいので選択した状態でiTweenPathスクリプトをメニューから追加します。今回はカメラにスクリプトを追加しました。

iTween2

インスペクターウィンドウでPath Nameを設定(”Path1″)。Node Countをスプライン曲線で利用したいノード数を指定。シーンビューでノードを移動させるとノードをつなぐようにスプライン曲線が作成されます。

以上で準備は完了です。

では作成したスプライン曲線に合わせてカメラを移動します。

新しいC#スクリプトを作成し”MoveScriptOnSpline”とでも名づけます。下記のコードを入力します。

 

作成したMoveScriptOnSplineスクリプトをスプライン曲線に沿って移動させたいオブジェクトに追加します。今回はカメラを移動させたいのでカメラにスクリプトを追加します。

iTween3

Path Nameには作成したスプライン曲線の名前を指定します。

以上で完成です。実行するとスプライン曲線に合わせてカメラがスムーズに移動します。

iTween4

 

 

追記2015/01/31

上記の例ではカメラは常に一定方向を向いたままになります。カメラの視点パスも同様に用意しカメラ視点がそのパスに追従する例を見て行きましょう。iTweenPathを2つ用意して、一つをカメラ移動用に、もう一つをカメラ視線先を移動するように利用します。

CameraTargetというからオブジェクトを用意し、iTweenPathを作成します。そして、下記のコード(CameraTargetMoveScriptOnSpline)を作成し貼り付けます。

iTween5

MainCameraにも同様にiTweenPathを作成し、下記のコード(CameraMoveScriptOnSpline_with_lookat)を作成し貼り付けます。

インスペクタービューでカメラ視点の対象をTargetに指定します。(ヒエラルキービューからCameraTargetをドラッグしてください)

 

iTween6

実行するとカメラの視点が移動しながらカメラ自身が移動するのも確認できると思います。

 

 

カテゴリー: Unity
2 comments on “Visual iTween Path Editorで視点もポジションも自由に移動するカメラワーク
  1. 通りすがり より:

    ターゲットとカメラのパスが同じなら iTween.Hashに”orienttopath”,true を追加すればターゲットを作らなくても対応できます。あまり融通利きませんが・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。