開発入門 > 2016
年別アーカイブ: 2016

UnityのC#でまとめてGameobjectのShader変更・コライダー追加

下位Gameobjectも含めてシェーダーを変更 /// <summary> /// rootObj以下のすべてのShaderを変更する /// </summary> /// <param name=”rootObj”></param> /// <param name=”shaderName”></param> public …>>続きを読む

カテゴリー: Unity

ノンコーディングでVIVEコントローラーの利用(Playmaker)

Playmakerはヴィジュアルスクルプティングを用いてコードを書かずにUnityで開発を行うことができる便利なアセットです。Playmakerに対応しているアセットも多く公開されていて、多種多様なことがノンコーディングで実現できるようになってきています。 今回は、HTC VIVE用のコントローラーをPlaymakerから利用できるアセットと、使い勝手を良くするための方法をメモしておきます。 下記…>>続きを読む

カテゴリー: HTC VIVE, Unity

伊勢丹彩り祭2016にてSTYLY VRショッピングを体験

未来解放区万博 〜デザインとテクノロジーは、私たちの未来を変える!?〜 8月24日[水]〜9月13日[火] □新宿店本館2階=センターパーク/TOKYO解放区 HATRA、BALMUNG、chlomaの3ブランドの世界の中に入りこみ、実在する服をバーチャルの世界で楽しみながら買うことができる〈STYLY(スタイリー)〉のVRショッピング体験を実施。実際の洋服を高精細3Dスキャンしているので、生地の…>>続きを読む

カテゴリー: HTC VIVE, Unity

Gameobjectのテクスチャをアスペクト比正しく貼り付ける

Unityで貼り付ける元画像の縦横比と、貼り付け先の縦横比が違った場合、引き伸ばされて画像が表示されてしまいます。 下記のように、アスペクト比が異なる場合は、画像がいっぱいに表示されるように調整して貼り付けます。 /// <summary> /// //指定したウェブ画像を読み込んでゲームオブジェクトのテクスチャとして表示(適切に表示サイズを調整) /// 読み込み画像が最大で表示され…>>続きを読む

カテゴリー: Unity

Unityからc#でAmazon Web ServiceのS3ストレージにアップロードするメモ

Unity5.3からAWSのS3ストレージへファイルをアップロードするメモです。 キーポイント AWSが用意しているAWS Mobile SDK for Unityを利用する S3への認証はCognito Identityを用いる 参考リンク AWS Mobile SDK for Unityを試す(Amazon Cognito編) What is the AWS Mobile SDK for Un…>>続きを読む

カテゴリー: Unity

HOME / Coporate Site

© Copyright 2018 STYLY..